アジング用メタグリス塗り替え

釣りYouTub動画

リールのドラググリスの注入、塗り替えなんかは結構されていない方が多いのではないかと思います。なかなか面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。。。意外と雨降りの釣行後にそのままにしていたり頻繁に使うにもかかわらず、ずーっとほったらかし。。釣行後には必ず流水もしくは水拭きをするなりしてメンテナンスはしておきたいものですね。。

アジング専用に開発されたサーティフォーさんからのドラググリス【メタグリス】は結構な粘土で粘り強く魚を弱らせてくれる。。?気持ちそんな感じはいたしますが、そんなメタグリスの塗り替えをYouTubeにアップしてみました。

準備するものは、キッチンペーパー、パーツクリーナー、ピンセット、ドラググリス。私が愛用しているアジング専門メーカーのサーティフォーさんとMTCWコラボの【メタグリス】を使用します。

ドラグノブを取りスプールを取り外し順番にバネと座金、フェルトワッシャーを外していきます

すべてを外し終えましたらパーツクリーナーでしっかり脱脂をしていきます。バネ、座金、スプールの内側も綺麗に脱脂していきます

次にワッシャーに付着している既存の油分を取り除いていきます

パーツクリーナーをしっかりかけてキッチンペーパーでトントンと押さえるようにして油分を取り除いていきます

その作業が終わりましたらフェルトワッシャーを乾かします。乾かすのも速乾性のパーツクリーナーなのでそんなに長時間は置く必要はありません。触って乾いてる感があればOKです(^^♪

本命のメタグリスを塗っていきますが、これも少なめに伸ばして付ける方もいればたっぷり付けましょう!的な方もおられますので、私的には普通より若干多いかな。。くらいで指で均等に延ばして付けるようにしております。その辺は何回かやってみてドラグの効き具合などを診ながら調整するしかないかと私個人の見解ですねww

こんな感じであと座金とバネを取り付けます。やはり一番注意が必要なのはバネの取り付けと取り外しの際にピョーーン!と飛んで行くことがありますので失くしてしまうと面倒なので気を付けて頂くと良いかと思います(^-^;

最後にスプールをリール本体に取り付けドラグノブをある程度まで締めて、後はラインを引っ張りながら徐々にドラグを適度なところまで締めていくようにすると良いかと思います

ドラググリスもいろいろな付け方があると思いますが、そんなに神経質になることも無いと思います。それよりもグリスを塗り替えることに寄っての安心感と魚を掛けた時のやり取りを楽しんで頂けたらと思います。私のやり方で少しでも参考になればと思いYouTubeにアップしております(^^♪

宜しかったらご覧になられてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました