梅雨の宇和海アジング!

釣りYouTub動画

毎年、この時期はあまり良い釣果を上げることができておりません。それでも毎年この時期の釣行を振り返り釣果が悪くても今年はどうかな。。?って、釣行に出るww 釣りが好きなんでしょうね。。

そんな感じで梅雨の雨の止み間を狙ってサーッと宇和海にアジングに行ってきました。。早る気持ちが先走りやっちまったよ!!【スピード違反】高速道路で( ノД`)シクシク… 29キロオーバーで3点減点だそうです。。次の更新ではゴールド剥奪です(´;ω;`)ウゥゥ でも、事故を起こす前の警告と受け止めて安全運転に徹してまいりたい所存でございます。。

で、気を取り直して現場に向けて安全運転(;^_^Aです。。風裏のフィールドを目指して約2時間。。先行者は無しww 風もなく海面は穏やかだ。。

しかしバイトするのは豆アジがほとんどだ。。(;^_^A でもこれはコレで試行錯誤をして釣るのが楽しいのであるww

ちょっと良くてもこのくらいのサイズが。。。でも、甘く見てはいけませんよ!豆アジを掛けるのは至難の業なんです。。。風のある時と無い時、潮の動きのある時と無い時。。やはりリグをこまめに交換して試してみるのが釣果を上げるコツですね。。

コレを釣って楽しむのもありですね。。近々、サーティフォーから豆アジ専用のロッドが発売されるので、こういった小さいアジで楽しむのもありだと考えておられるのであれば新作ロッドも楽しみですね!(^^♪

で、しばらくして風が吹き波が立ってきて表層にアジ?らしき魚がライズをしたのでそこをめがけてキャストしてみるとバイトしてきた!それがなかなかの引きで。。。これまで豆アジばかりだったので余計にファイトを感じたのかもしれません。。(;^_^A でもアジのバイトを確信し、丁寧にやり取りを成功して上がって来たのが、宇和海特有?の体高のある良型のアジでした!

潮の動きと同時に風が吹いて波が立つことによって魚の活性が上がったのだろうと自分で解釈して、再現性もあり続けて3匹ほどキャッチした。。 今年は例年のこの時期に比べれば一番良い釣果をあげることができたww

 

今回のタックル
ロッド:34アドバンスメントPSR60NEXT

リール:ダイワ18イグジストLT1000

まずこの組み合わせはバランスも良く最高のセッティングといえますが。。私たちの経験と腕では、まだまだ勿体なく非常に贅沢なタックルでもあります。。(;^_^A しかし感度は最高に良くラインにテンションが掛かっていれば小さなバイトでも感知することが可能です。。

次にラインはサーティフォーのエステルラインのピンキーとリーダーはジョイントラインです(^^♪

流石にアジングに特化したメーカーさんなので使いたくなってしまいますよね。。(^^♪ 私は基本的にメインラインは0.25号を使うようにしております。風が強い時や豆アジに特化した釣りをする時には0.2号を使用します。0.2号でもドラグ調整をしっかりしていれば尺アジとのやり取りもできますよ(^_-)-☆ 如何にアタリを取るかということでこの極細エステルラインを使用することによって小さなアタリを感じたり潮の動きを感じることが可能になってきます。。でも、これも人それぞれ感覚と感度が違いますので、個々が自由な楽しみ方をして頂ければと思います(^^♪

次はジグヘッドとワーム

ストリームヘッドですが、私は9割がたこのジグヘッドを使用します。。アジングではほとんどコレです!使い慣れているんでしょうね。。シャンクを若干短くして魚が吸い込みやすい設計にされているようで、ゲイブ幅を広げることにより吐き出すときに口に掛かりやすい設計にしてあるようですね。。。この工夫が私なりに勝手にリスペクトしておりまして(;^_^A 何でもそうなのですが、使い慣れると安心感があるのでしょうね。。どんなメーカーさんでも特徴があってファンができるんですよね!

ワームは今回プランクトンを使用しました。。正直、個人的にあまり使わないワームなんですが、この時期のアジングは渋い時期でもありまして、この絶妙な動きで魚を誘ってくれそうなプランクトンで、毎年釣果が悪かったのですが今回はこのワームで、まぁまぁ自分なりに納得のいく釣りができたので紹介させて頂きました(^^♪

梅雨の時期、梅雨明けは激渋のアジングを如何にどう攻略するかを工夫と試行錯誤で楽しんで参りましょう(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました