ソロキャンプに。。簡単!携帯アルストを作る!

キャンプ

今更ではあるのですが、携帯アルコールストーブと言えば「Esbit(エスビット)」が代表的なキャンプギアにもなっているように思います。。簡単そうだったので動画を見たりして私も作ってみました。。(^^♪

 

 

このエスビット。。なかなか無骨な感じで個人的には好きです。。(笑) この中央から半分に割れているフタを開けると固型燃料が入っております。

 

 

この固形燃料でも良いのですが、あくまでも「アルスト!」アルコールストーブということで今回は使いません。。で、この固形燃料は妙な臭いがしますので開封すると少し臭いが残ってしまいます。。別の用途で使用します(^-^;

 

それから燃料を入れるケースをこの携帯灰皿に、調理器具や金属磨きに使うロールパッドを中に入れてアルコール燃料を入れるのですが。。。

 

 

 

 

 

その前に。。携帯灰皿のフタを外します。。

フタを外して内側に両面テープが付いているので、そのままにしておくと熱で焼けてしまいますので必ず剥がしておきましょう。。

 

 

それから上蓋を外した後、つなぎ目の隙間から燃料の漏れを防ぐためにアルミテープで隙間を塞ぎます。この辺りはいろんなやり方があるみたいですので他の動画等でも参考にしてみるのも良いかと思います。。。

 

 

 

上から二重に張るくらいで丁度良いかもしれません。。

 

 

次に上蓋(丸く穴が開いている方)に燃料を沁み込ませる為のロールパッドを入れます。

 

 

次にフタを閉めます。。。

 

 

次にロールパッドに燃料アルコールを沁み込ませていきます。。

 

 

 

燃料は入れすぎに注意をしてください。。燃料漏れにはくれぐれも気を付けて、あくまでも自己責任でお願い致します(^-^;

 

私はこのダックノットのチタン製シェラゴトクをエスビットの上にのせて使用します。。もちろんお湯を沸かしたりする際に乗せるモノの大きさによってゴトクが必要で無かったりもしますので、その辺は自由に選択して頂ければよいかと思います(^^♪ ゴトクは100均にも売っていたりしますので一度ご興味がある方は探しに出掛けてみてくださね。。(^_^)v

 

 

 

着火後も携帯灰皿の丸い穴が丁度良い火の大きさになってくれております!この使い方、やり方は何年も前からキャンパーさん達がされているようです。。私はやり始めなので、同じキャンプ初心者さんに参考にして頂ければ良いかとなと思います(^-^;

 

 

火を消すのに上蓋が消化蓋になりますので非常に簡単で使いやすいですね(^_^)v

その代わりに必ず確実な消化の確認が必要ですね!

 

 

 

最後に燃料が残っているかどうかも確認をして、残っていれば安全のために燃料入れに戻しておきましょう!

 

それと、携帯アルスト専用ケースが発売されましたので即購入しておきました!革製でめっちゃカッコいいですよ!

 

 

 

今回は「簡単!エスビット携帯アルストを作る!」でした(^^♪

少しでも参考にしてくれればうれしいです(^_^)v

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました