ランタンコレクション・FEUERHAND 75atomグローブの交換

ランタンのお話

アメリカからFeuerhandランタンのフロストグローブを取り寄せた(^^♪

 

Feuerhand75atom Mosko

僕のお気に入りのランタンMoskoの由来を簡単に語らせて頂きます。。。

Moskoと呼ばれる世界的にも大変希少なFeuerhandランタンは1939年~1943年の短い期間だけに製造された「Mosko」通常の民生用Atomとは違い分離式のオリーブカラーのホルダー、ベルトループが装着されており当時のドイツ国防軍のマーチングランタン(行進用)として使用されていたようです。このレッドグローブは主に後列の軍人が装備していたとされております。
そのお気に入りのMoskoにクリアとアメリカから取り寄せたばかりのフロストグローブ、既存のクリアグローブ、レッドのグローブに着せ替えてみます。。
全てFeuerhand75 Atom専用グローブになります♪
まずはクリアグローブを装着してみました
この状態ですと、マーチング(行進)ドイツ軍前列の軍人さんが装備していた物になります。。灯りを灯していないので雰囲気は何とも言えませんがクールな感じに見えます。。
次にレッドグローブを装着してみました♪
やはり一番映えるように思いますね(^^♪ カッコイイですよね!これも、灯りを灯せば雰囲気変わります。。。
次にアメリカからですがお取り寄せ致しました珍しい逸品のフロストグローブを装着してみました♪
これは僕的にホルダーが無くてもカッコよく見えますね。。。ホルダーを被せてもカッコイイですけど、何とも言えない感じがします(^_-)-☆
僕のFeuerhandのコレクションの中ではお気に入りであります(^_-)-☆ ロマンを感じますね~。。。
今回は僕のランタンのコレクションの一つ、Feuerhand Atom75 Moskoにフロストグローブを付けてみたましたがランタンの魅力にハマっておられる方はどう感じて頂けたものかと思います。。戦前、戦後に使用されていた物がいま自分の元にある。。。いろいろ考えさせられるものがあり、これはすごくロマンを感じてしまいます。。自分だけかもしれませんが。。。(笑)

 

コメント

  1. CoccoCan より:

    「軍用」ランタンとは全く知りませんでした。言われてみればあって当たり前なのでしょうね。あの頃のものが、
    インテリアやアウトドアの「彩」として使われている今。面白いですね!!!
    オリーブ色のフォルダーとベルトループ、重厚な趣があって素敵です。確かにグローブを変えると雰囲気が変わりますね。灯りの見え方も違うのかな?個人的にはフロストのが好きです♪

    • こんにちは(^^♪ ありがとうございます!かっこいいでしょー(笑) ランタンの由来、いろいろあるみたいですよ(^-^; 僕はまだまだそんなに詳しくはないのですが、実際に手にしてから虜になって沼にはまりそうです(笑) フロストグローブ!いいですよねー!なかなかレアなモノらしいです。。 

タイトルとURLをコピーしました