失ったものより、残してくれたものにありがとう!

釣りYouTub動画

先週の5月21日午前5時に愛犬が天国に旅立っていきました。。11歳の黒パグでした(^_^)

一週間が経ち少し気持ちも落ち着いて来ましたのでブログに残しておいてあげようと思いました。。初めてこの子と出会ったのはイオンのペットショップでww ひと目見て「可愛い!!」即購入で、妻にも黙って家に連れて帰りました。。(^-^;

妻も喜んで家族の一員として迎え入れてくれました(^^♪ しかし、持って生まれた持病が発症したり3年経ったくらいに目をぶつけて怪我したりと、本当についていないといいますか、、、

皮膚が弱く毎月病院に薬浴と薬を貰いにい行っておりました。。それでも元気で食欲旺盛で居てくれておりました。。しかし、このころには怪我をした両目も、うっすらと見えるくらいでほとんど見えていない状態でした。。それでも元気で居てくれておりました。

そんな黒パグといえども年をとってくると人間と同じように白くなってくるんです。。顔や足は真っ白になってきました。。亡くなる2か月くらい前には手の裏、指に悪性の腫物(リンパ腫)ができ薬指をやむなく切ることになり、その時も悩みましたが長生きしてほしかったので手術を決断しました。。その時も10日間ほどは、びっこを引いてほんとにかわいそうでした。。でも見守ることしかできないんですよね。。

その腫瘍がいわゆる人間でいう癌だったんです。。(´;ω;`)ウゥゥ

ショックでした。。抗がん剤治療は副作用が酷くなるとかで、甲状腺の薬とステロイドの薬で様子を見るという選択をしました。。薬の影響かどうか分かりませんが異常に活発になり元気を取り戻してきました。その時は、そんな姿を見て僕たちは薬の加減や一種の副作用とも知らずに元気にはしゃいでくれていることが嬉しくて喜んでおりました。。(´;ω;`)ウゥゥ

しかし、そうしていられるのもつかの間、徐々に異変が起きてきました。。息が荒いのがいつもより変なんです。。パグは舌を出して「はぁはぁ」と体温をコントロールするのですが、夜中になってもずっと「はぁはぁ」と息苦しそうにしているのが続き、ほとんど眠れていないような感じに受けておりました。。下痢もしばらくは続いていました。。なので4,5日ケージの横に布団を敷き、妻が付いて居てくれてました。それで、朝になって目が覚めると同じように起きてきてくれます。。一安心して朝ご飯をあげますが、食欲がいつもより少なく残すようになり。。この日の夜、いつものように僕が食事を済ませてからおやつをおねだりするのですが、この日はおねだりする元気もなく僕の方からおやつをいつもより小さく切ってあげるのですが、少ししか食べてくれませんでした。。いつもと食べ方が違ってました。その後しばらくテレビを見ていて、ふとケージを見るとジーっと僕の顔を見ているんです。。目をそらすことなくずっと。。。

 

その日の夜も妻がケージの横で寝てくれておりました。。いつものように「はぁはぁ」と息が荒く寝苦しそうにしておりました。。

 

午前4時半ごろ妻が僕を起こしにきました。「動いてくれない!」って。。泣きながら妻が僕を呼びに来たのです。。慌てて愛犬を見にいきました。。。僕たちの愛犬は自分の重ねた手の上に顔をのせてすやすやと気持ちよさそうに眠っているようでした。。。ほんとに気持ちよさそうに眠っているようでした。。。身体はまだ暖かかったです。。しかし僕は蘇生を願うよりこのまま眠らせてあげる方が良いと思い、体を揺さぶったりはしませんでした。。何日も眠れていないように思ったので起こせませんでした。。身体をさすりながら「ゆっくり眠ってね。。」って。。「楽になって良かったね」って。。

こんなに悲しい思いをしたのは何十年ぶりかのようにも思います。。

そしてだんだん体も硬くなってきました。。。

天国に旅立っていきました。。。

今思えば亡くなる前の晩に僕の顔をじっと見つめていたのは何か言いたかったかのように思えてなりません。。いまさら悔やんでも仕方が無いのですが。。

 

11年の間、いっぱい楽しい思い出を作ってくれたことに感謝しております。家族の一員が居なくなる。。

やはりこうして最後は辛くて悲しい思いをするのですが「失ったものより残してくれたくれたものに目を向けて、ありがとう!」と、これからはそう思い続けていこうと思います。。。。。

 

11年間、一緒に居てくれてほんとにありがとう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました