ランタンのお話

ランタンのお話

Arc 316 ジェネレーター交換

既存のジェネレーターの根元から燃料漏れによることから、そこそこ大きめの炎上を起こしてしまい部品を交換することにした。リプロ品のジェネレーターとジャムナットと交換し無事に点火が成功した。綺麗なガス音と灯りを灯すことができた。至福のひとときとなった。
ランタンのお話

Arc316 アークランタン 燃料漏れ

2機目のアークランタンに点火テストをしたところ、最初は良い感じに点灯しておりましたが、ジェネレータの根元のジャムナット付近から燃料漏れがあり、そこそこ炎上しました(;^_^A素人ではなかなか難しいところではありますが、これを克服して経験しないと始まらない。。
ランタンのお話

2台目のアークランタン

アークランタンに魅了されて2台目を購入してしまいました。Arc316という100年前のランタンです。以前紹介したYL112と形状は同じですがカラーのデザインが少し違いがある。そんな到着したばかりのランタンをまずは組み立てチェックをして磨きをかけてみた。
ランタンのお話

偽ボンド?本物ボンド?Coleman Gold Bond

アメリカからコールマンゴールドボンドのランタンが届いた。しかし、偽物も多くその見極め方法をチェックする。ベンチレータの再塗装と再ホーローの可能性は大!と、勝手に自分で判断しました。しかし後は本物と信じ綺麗にランタンの錆と汚れを取りピカピカに仕上げる。
ランタンのお話

時を想う・・Coleman Arc Model YL112 Lantern

コールマン、アークランタンの点火。約100年のランタンに火を灯す。当時の人の事を思い今現在に至るまでの色んな思いを感じさせてくれる、優しいフォルムと灯りで癒してくれる。そんな昔のランタンは構造が至ってシンプル。非常にスムーズに点火が成功した。
キャンプギア

憧れのコールマン、アークランタン

100年前のランタン。コールマン、アークランタンを手に入れることができた。待ちに待ったこの日がやって来た。遥々アメリカから送られてきました。ガラスが割れていないか不安でしたが梱包が丁寧で大丈夫だったので一安心。存在感のあるアークの固体に大満足だ。
ランタンのお話

Coleman ヴィンテージランタンの魅力

コールマンのヴィンテージランタンは非常に魅力がある。メンテナンスを怠らなければいつまでも使用続けることが可能である。しかしオイルランとは違い造りが複雑でやはりメンテナンスが絶対不可欠なものである為、ある程度の知識を身に着けて置けば長く使える。
ランタンのお話

小さいけど存在感のある大人気なランタンがドイツから仲間入り!

Feuerhand 75 atom stk 風防付きのフュアハンドランタンの中でも一番小さいランタン。同じ75atomでも風防の着いているものとそうでないものがある。この風防付きの75atom stkが大人気なハリケーンランタンの一つ。ソロキャンプ、ブッシュクラフトに最適なサイズで人気がある。
ランタンのお話

ドイツ国防軍用ランタン HEUER HAND176Luに明かりを灯す

第二次世界大戦前に製造された武骨なランタン。ドイツ国防軍が使用していたとされるブラックアウト規制のランタン。敵軍の空からの偵察機から少しでも身を隠すために工夫されたもので、当時にしてみれば非常によく考えられて尚且つ武骨に頑丈に作られている。
ランタンのお話

FEUER HAND 176LU 貫禄のランタン

第二次世界大戦前に作られたとされているフュアハンド176Luというらんたん。なかなか入手も難しく現在のコレクター内の取引が高騰になっている。そんな中でも非常に武骨で魅力的なランタンである。ブラックアウト規制の中、うまく工夫されて作られている。
タイトルとURLをコピーしました