ランタンのお話

ランタンのお話

時を想う・・Coleman Arc Model YL112 Lantern

コールマン、アークランタンの点火。約100年のランタンに火を灯す。当時の人の事を思い今現在に至るまでの色んな思いを感じさせてくれる、優しいフォルムと灯りで癒してくれる。そんな昔のランタンは構造が至ってシンプル。非常にスムーズに点火が成功した。
キャンプギア

憧れのコールマン、アークランタン

100年前のランタン。コールマン、アークランタンを手に入れることができた。待ちに待ったこの日がやって来た。遥々アメリカから送られてきました。ガラスが割れていないか不安でしたが梱包が丁寧で大丈夫だったので一安心。存在感のあるアークの固体に大満足だ。
ランタンのお話

Coleman ヴィンテージランタンの魅力

コールマンのヴィンテージランタンは非常に魅力がある。メンテナンスを怠らなければいつまでも使用続けることが可能である。しかしオイルランとは違い造りが複雑でやはりメンテナンスが絶対不可欠なものである為、ある程度の知識を身に着けて置けば長く使える。
ランタンのお話

小さいけど存在感のある大人気なランタンがドイツから仲間入り!

Feuerhand 75 atom stk 風防付きのフュアハンドランタンの中でも一番小さいランタン。同じ75atomでも風防の着いているものとそうでないものがある。この風防付きの75atom stkが大人気なハリケーンランタンの一つ。ソロキャンプ、ブッシュクラフトに最適なサイズで人気がある。
ランタンのお話

ドイツ国防軍用ランタン HEUER HAND176Luに明かりを灯す

第二次世界大戦前に製造された武骨なランタン。ドイツ国防軍が使用していたとされるブラックアウト規制のランタン。敵軍の空からの偵察機から少しでも身を隠すために工夫されたもので、当時にしてみれば非常によく考えられて尚且つ武骨に頑丈に作られている。
ランタンのお話

FEUER HAND 176LU 貫禄のランタン

第二次世界大戦前に作られたとされているフュアハンド176Luというらんたん。なかなか入手も難しく現在のコレクター内の取引が高騰になっている。そんな中でも非常に武骨で魅力的なランタンである。ブラックアウト規制の中、うまく工夫されて作られている。
ランタンのお話

愛着の沸く風防の着いたランタン!

ドイツから1ヶ月掛かって到着したFUEREHAND176eが到着した。マッシュールームヘッドと愛着感満載の風防付きのランタンである。キャンプ、ブッシュクラフトでは人気のランタン。そういったこともあり最近ではコレクターの間でかなり高騰な取引となっている。
ランタンのお話

遥々ドイツから到着したFeurehandランタン

ドイツのコレクターさんから送って頂いたランタン。遥々ドイツから20日間かけてやっと自分の元に届いた。同じ種類のランタンではあるが珍しいオリーブカラーの固体。若干のヤレ感が非常に魅力のある固体である。ビンテージ感を残しつつ自分好みに仕立てる。
ランタンのお話

ランタンコレクション・FEUERHAND 75atomグローブの交換

アメリカから取り寄せた珍しいFeuerhand75atomランタンのフロストグローブをコレクションのMoskoに装着してみた。クリアグローブ、レッドグローブ、フロストグローブ、それぞれ雰囲気が違ってコレクターにはたまらないロマンを感じるひと時でもある。
ランタンのお話

オイルランタン【アドレイク・KERO】のお話

キャンプやコレクションにオイルランプが非常に流行っております。その中でひときわ存在感をアピールするアドレイク・KEROのご紹介です。このアドレイク・KEROは当時、鉄道作業員が使用されていたとされており、1960年制で「アダムス&ウウェストレイク」(通称アドレイク社)のレイルロードランタンをご紹介させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました